猫背矯正について

猫背でいることはデメリットがいっぱい!見た目や健康面の悪影響を分析

投稿日:

”誰に迷惑をかけるわけでもないし、別に猫背だっていいじゃないか!?”

猫背であることを指摘されると、ちょっとイラっときてそんな風に思う人もいるかもしれません。

確かに人さまに迷惑をかけることではないのですが、猫背でいることは回り回って自分にマイナスの影響となって跳ね返ってくることも多いのです。

ここでは、猫背でいることのデメリットを「見た目」「健康」の面から説明していきます。

 

猫背のデメリットその1:見た目がだらしなく見える

おそらく一番分かりやすいデメリットが、この「だらしなく見える」という点でしょう。

もしあなたが成人で仕事をしているビジネスマン・ビジネスウーマンなら、世間では見た目で評価される部分が大きいということに気づいているはず。

ここで言う「見た目」というのは、顔の造作がどうこういうものではなく、身なりや印象のことです。

たとえあなたが本当はバリバリ仕事をこなすタイプだとしても、猫背であるだけで「なんだか、だらしなさそうだな」「仕事もダラダラしてそうだな」などというマイナスの印象を与えてしまう可能性がとても高いのです。

もちろん、付き合いが長くなる中でその「誤解」もだんだんと解けることもあるはずですが、例えば就活の面接だったり、新たな取引先開拓のためのプレゼンといった場面になると、この「第一印象」だけではじかれてしまうことだってあり得るんですよね。

そのほかにも、

覇気がなく見える

自信がなさそうに見える

暗く見える

老けて見える

太って見える

など、本来のあなたが持っている「活発で」「明るくて」「若々しい」自分を周りにまったくアピールできないどころか、真逆のイメージを持たれてしまう可能性があるということ。

逆に言えば、姿勢がよくなるだけでこれらのマイナスイメージは簡単に覆すことができますので、周りからの評価を高めるためにも姿勢改善はマストと言えますね。

もちろん、周りからの評価が高くなることで、自己評価も高くなるので、最終的には自分自身が生きやすくなるという大きなメリットもあります。

 

猫背のデメリットその2:腰痛や肩こりになりやすいという健康面の悪影響

姿勢が悪いと、体にも色々と悪影響が出てきます。これは、実際に感じている人は多いのではないでしょうか。

頭が前に突き出て、肩が前に入った状態だと、その姿勢を支えるために首や肩甲骨周りの筋肉に大きな負担がかかります。

これが原因で、ひどい肩こりを引き起こすわけですね。

また、上半身全体を支える屋台骨である「背骨」が曲がった状態になることで、腰の筋肉への負担が増えて腰痛を引き起こしたりもします。

この他にも、姿勢が前かがみになることで胸が圧迫されやすくなり、呼吸系のトラブルを生じたり自律神経に不調をきたすということもあります。

猫背の状態が長く続くことで、こうした健康面でのデメリットが多く表れてくるんですね。

頻繁に整体に通っているのになかなか肩こり・腰痛が解消しないという人は、根本的な原因は「姿勢」にあることが多いはず。

姿勢を正すことで根本原因を取り除くのが、実は肩こり・腰痛解消への近道だったりするんですね。

 

猫背を治して、見た目にも健康面でも生き生きした生活を手に入れよう!

このように、猫背でいることのデメリットは数多く、見た目的にも健康面でも猫背で「損」をしていることはたくさんあるんですね。

猫背を解消して正しい姿勢になることで、見た目的には周りにプラス評価を与えることができますし、それだけでも今まで「なんかうまくいかないな...?」と思っていた物事がうまく動き出すことだってあり得ます。

そして、慢性的な肩こりや腰痛など体の不調も解消できれば、まさに生き生きとした生活を手に入れることができるはず。

猫背を治すことのメリットは、想像以上に大きなプラスの変化をあなたの生活にもたらしてくれるかもしれませんよ!

 

猫背矯正できる加圧インナーがあるのをご存知でしょうか。こちらで紹介していますので、チェックしてみてください。

>>猫背矯正インナー|無理なく背筋を伸ばせる人気のメンズインナーは?

 

-猫背矯正について

Copyright© 猫背矯正インナー|無理なく背筋を伸ばせる人気のメンズインナーは? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.